メーヤウ  : Thai Curry restaurant
Favorite Top

Shinanomachi, Tokyo

File no. 002

今や超有名店となってしまった「メーヤウ」。

かれこれ20年も通い続けているが、いまだに味もほとんど変わらず飽きない独特の味.
20年前は、慶応病院の向かいの小汚い小さな店だったのが、いつぞやのエスニックブームに乗り、なんとカレーミュージアムには出店するは、今度はメジャーな食品メーカーからレトルトまで出来るとは・・・(この店で売っている意外は見たことないが)

「メーヤウ」というカレー屋はいくつもあるらしく、暖簾分けしたのかと思いきや、先日食べにいったら「他の店とは関係ありません」とのおふれが・・・

昔から種類は、「大辛」、「中辛」、「甘口」しかなく、右の写真は間違いなく健康に悪そうな「大辛」。
まさに、脳天から汗が出る.
でもこれが病みつきになるんだな.

「大辛(メーヤウカレー)」は、とろとろに皮がとろけたスパイシーな鶏肉がなんともうまい!
思えば、タイヌードルの味を覚えたのもここだったなぁ・・・
- 大辛と小さいソバ -


こちらは「辛口(レッドタイカレー)」
色も薄くなってだいぶ見た目も落ち着くでしょ?

初めて「甘口」食べるときには白い色したカレーなので、ちょっと驚くだろうなぁ。

いつだったかあるお客さんが、
「甘口は辛くないんですよね?」 と当たり前のようなことを聞くと
店長 「全部同じように辛いんですぅ」
じゃあ、なぜ「甘口」???

ちなみに「大辛(メーヤウカレー)」は、鳥もも+ジャガイモ+卵
「辛口(レッドタイカレー)」は、豚肉+大根+卵
「甘口(グリーンタイカレー)」は、豚肉+筍+大根+卵
値段はすべて750円

これらにナンプラーや唐辛子の塩漬け(もしかしたらナンプラー付けかな?)などをお好みで加えて食べます。
唐辛子の漬け物は、今出されているのは赤い唐辛子ですが、最初に登場したときには緑色の唐辛子でこれが全然辛くなくさっぱりしてておいしかったのを覚えています。

そうそう、うわさのメーヤウ・レトルトカレーを買ってきました。
なんとキングオブ・タイカレー!と書いてある・・・
でっかく出たなぁ