Studio FAQ answer base

Q: - Pro Toolsのマシンリストに接続VTRの名前がない。これだとちゃんと動かない?

Product : ProTools|HD
Category : Machine Control/9-Pin Serial(Deck control mode)


動きます!
まず、P2-protocol (Sony 9-Pin Machine control protocol) に準拠または対応とする機器は、すべて同じプロトコル(ルール)で動作するということを意味します。
機器によってどこまで対応するかという違いはありますが、 Pro Toolsの場合、フェアライトのようにマシンリストに合致しない場合通信しないということはありません。従ってPlay/Stop/F.FWD/RWD/Jog/Shuttleなどのモーションコマンドは、どんな機器に対しても動きます。

実際にマシンリストにて設定されるものは、
- Track Arming : トラックアーミングのトラックナンバーに対して、出力する"Edit preset command"のどのビットを操作するかを決めるマップ。
- Serial Time code offset : VTRにトラックアーミングがかかっている(Edit Preset "Insert"=on)の時に付加するオフセット値(フレーム数)。

といったパラメータだけですので、レイバック(音戻し)の時以外は結局どのマシンプロファイルに設定しても何も変わらない、ということです。
フェアライトの場合には、あくまでも自分の動きにVTRをロックさせるように調相コマンド(Vari speed command)制御によってコントロールするために、そのためのダイナミックな動作レスポンスが機器によって違うとロックできないために必ず調整済みのマシンしか動かせないようになっています。しかし、ProToolsの場合には、VTR
は単にPlayするだけでそれによるLTCまたはSerial Time codeに自分がロックする作りとなっているため、どんな機器に対しても調整する必要がないという訳です。
みなさん、とりあえずあまり気にせずに使ってみましょう。